ステップ・バイ・ステップ

どんなことでも、何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。

28日目。コミュニケーションを上手に取るためには?

おつかれさまです。みっきーです(*'▽')

 

人とコミュニケーションを取るのが苦手だという人って

結構いるんじゃないでしょうか?

 

上手なコミュニケーションをとるためには、

いくつかのポイントを押さえていくと

それだけでちがってきます♪

 

また、そのポイントをコミュニケーションの場面で

常に意識していくことによって、

だんだんと自然に出来てくるようになります♪

 

 

まず、コミュニケーションには、

・言語的コミュニケーション

・非言語的コミュニケーション

があります。

 

 

言語的コミュニケーションというのは、

そのままですが言語を使ったコミュニケーション。

 

非言語的コミュニケーションというのは、

言語以外の表情や声のトーン、ジェスチャーのこと。

 

 

コミュニケーションではどちらも重要になのですが、

相手に伝わりやすいのは非言語的コミュニケーションだと言われています。

 

 

皆さんは、メラビアンの法則というのを聞いたことがあるでしょうか?

 

 

メラビアンの法則は、非言語的コミュニケーションの重要性を説いたもので、コミュニケーションにおいて、人に影響を与える情報の割合は……

  • 言語情報(話の内容など):7%
  • 聴覚情報(声のトーンや話の早さなど):38%
  • 視覚情報(見た目など):55%

 

つまり、相手に伝わる情報としては約90%は言語以外の情報なんですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

これは、話している内容よりも見た目や話し方が大事だよ!

ということを言っているのではなく、

同じ内容を話していても、見た目や話し方によって

相手に与える印象が違うということなんです。

 

どういうことかというと、

 

例えば

「今日すごく勉強になったことがあってね」

という時に、

 

・明るいトーン

・笑顔

・楽しそうな雰囲気

 

で話しているときと、

 

・暗いトーン

・暗い表情

・猫背

 

で話しているときだと

だいぶ印象が変わってくると思います。

 

前者だと、

きっといいことがあったんだろうな^^

聞いてみたいな♪

と思えるけど、

 

後者だと、

何があったんだろう・・・?

聞いちゃまずいかな??

と思ってしまいます(・・;)

 

 

自分の意図しないことが相手に伝わってしまうと

何だか悲しいですよね(^^;

 

でも、これって自分じゃなかなか気づけなかったりします。

 

 

一番いい方法は、

自分の話し方を客観的に見てみることです(*'▽')

 

これって、結構恥ずかしかったりするのですが

案外効果があったりします♪

 

わたしも昨日やってみて、

最初は恥ずかしいなと思っていたのですが

どこをどう直せばいいのかがはっきり分かったし、

意外と出来ているところなんかも見つかって

自信が持てたりもしました(*^▽^*)

 

 

コミュニケーションがうまくなりたい!

と思っている人は、一度自分を客観的に見てみるためにも

試してみてもいいかもしれないですね☆